リテール事業者が取り組むべきデジタルデータ活用施策とは?

開催日時|2021.03.03(水)16:00〜17:00

こういうセミナーです

コロナ禍においてリテール事業社を取り巻く環境は激化しています。
環境が変化していく中で必要なことはユーザーのデータを正しく捉えて、より良いデジタルの顧客体験を創造し、店舗へ誘導すること・ECへの購買を促すことです。
本ウェビナーでは、実店舗を持つリテール事業者がまず取り組むべきデータ活用施策をお話します。

  • 実店舗・ECデータを統合管理するためのCDP(カスタマーデータプラットフォーム)の活用
  • 取得したデータを活用して再来店を促すメール・SMSの活用
  • Googleプラットフォームを活用した実店舗に紐づくクチコミデータの活用

をテーマに、各領域のプロフェッショナルが、リテール事業社様のマーケティングに役立つ情報をお話します。

このような方におすすめ

  • 10店舗以上の店舗を運営している事業者様
  • 店舗ビジネスを行いながらEC運営も行っている業者様
  • 上記企業をクライアントにお持ちの広告代理店様・支援会社様

登壇者

株式会社UNCOVER TRUTH 取締役COO
小畑 陽一

2014年、取締役として(株)UNCOVER TRUTHの経営に参画。主にマーケティングおよびストラテジーを管掌。ad:tech Tokyo / Kyushu、宣伝会議、MarkeZine、Web担当者フォーラムなど講演活動多数。著書「ユーザー起点マーケティング 実践ガイド」

ユミルリンク株式会社 マーケティング本部 マーケティング部 マーケティング課 マネージャー
五十嵐 崇之

大手家電小売店で、会員数300万人のメールマガジンや折込チラシをはじめとした広告施策の策定・編集を担当。ユミルリンク入社後はマーケ・セールス・広報業務と並行して、企業向けセミナーの講師として年間300社以上に講演を行う。

SO Technologies株式会社 ライクル事業本部 マーケティング部
光山 誠一

Google マイビジネス公式パートナー、LINE公式アカウント正規代理店であるSO Technologiesで、ライクル事業部のマーケティングや営業に従事している。

プログラム

  • 第1部:接客はお店に来る前からすでに始まっている? お店と顧客をつなげるデータ活用のすすめ

    昨今、デバイスやプラットフォームの発達により、ユーザーの行動は多様化しています。ECで買ってくれる人、お店でしか買わない人、両方で購入する人それぞれに最適なコミュニケーションを提供できているでしょうか?
    顧客の一人ひとりに最適化したコミュニケーションをとることで顧客体験が向上し、皆さまのブランドはより多くのファンを獲得することができるようになります。
    本講演では、顧客体験を向上させるデータ活用方法について、CDPの活用例も交えてお伝えしたいと思います。

  • 第2部:ブランド認知からLTV向上まで! データを活用したメールマーケティングが顧客にも事業者にも「ちょうどいい」理由とは

    リアルでの接点が持ちにくい今、デジタル領域で顧客との接点をいかに作り拡げていくかは、リテール業界のみならずあらゆるBtoC事業者にとっての喫緊の課題です。デジタルマーケティングの活用を模索する中で、従来の「全会員への一斉配信」に留まらないメールマーケティングの活用が広がりつつあります。データに基づくセグメントやコンテンツで反応を高められるのに加え、購入促進に留まらず、あらゆるファネルの顧客に対し活用できるのも利点です。
    多種多様なチャネルがある中で、メールがなぜ受け手・送り手双方にとって「ちょうどいい」チャネルなのか、実際の活用事例を交えてご紹介します。

  • 第3部:Google プラットフォームを活用した店舗データ収集法

    Google マイビジネスはGoogle マップやGoogle検索結果上に表示される店舗の情報を無料で登録・管理できる仕組みです。お客様は地図検索を日常的にされており、店舗集客に大きな影響を与えています。
    Google マイビジネスのメリットの一つはユーザーが店舗を検討する際や、来店後のデータが蓄積されることです。特に、Google マイビジネスのクチコミデータは店舗運営改善において大きな指標となります。
    本ウェビナーではGoogle マイビジネス公式認定パートナーであり、30,000店舗以上の店舗ビジネスを支援しているSO Technologies株式会社が、Google マイビジネスならではのデータ活用方法をお話します。

開催概要

開催日時 2021.03.03(水)16:00〜17:00
参加料 無料
参加方法 オンライン開催
(Zoomウェビナー)
お申し込みフォームでご入力頂いたメールアドレス宛に、後日Zoomの配信URLをご連絡いたします。